アフターコロナの婚活

Pocket

全国の婚活中の皆さま、

コロナの影響でお見合いアポが飛んでしまったり、

交際デートの予定が延期になったりしていることと思います。

このコロナによって奪われた時間が思わぬ副次的効果を生んでいるので

今回はそれについて。

(アイキャッチ画像をイラストやさんのアマビエにしてみた笑)

この非常事態のさなかに

「来週デートのお時間ありませんか?」

とこれから誘おうと考えている殿方、

これ、今は本当に悪手なので絶対にやめましょうね。

この状況で女性をデートに誘う男性、それは

「僕は色々な能力が欠如しています!!」と声を大にして叫んでいるのと同義です。

・COVID-19に対する正確な一次情報収集能力の欠如

・上記を基に判断する能力の欠如

・相手を巻き込むことになるかもしれない想像力の欠如

・自身の仕事へ対する配慮の欠如

これだけの事態になっているのに、まだ「自分は大丈夫」とか「免疫力あるから」とか言っているなら

リスク管理能力に難ありです。

悪いことは言いませんので、お見合いやデートの予定を入れていた殿方は

自分から延期の連絡を入れてあげてください。

ここでコロナを恐れない漢気とか不要です。

延期して色々言ってくる相手女性なら、それはそれで考え直した方がよろしいかと思います。

ここは焦らず、冷静に一手を進めるシーンです。

そしてできればLINEや電話で会えない間のフォローを入れてあげられれば言うことなし。

外出自粛で家で不安を抱きながら過ごしているお相手さまに連絡を入れて様子をうかがうのがアフターコロナの紳士な思いやり方。

おそらく外出自粛の今なら電話で話すことへのハードルも下がっていると思いますので、

長電話しろとは言いませんが、他人と言葉を交わすということはそれだけ力を持つ行動ということを再度認識してください。

不安の中に少しの安心を感じさせてあげられれば、お互いの距離がグッと縮まるはず。

ビフォアコロナとアフターコロナで婚活の行動様式変わりますから、しっかりとアップデートしていってくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*