初デートでHを迫る不届き者-CASE4-

Pocket

今回も所謂ハイスペックと言われる男性 40歳と仮交際になったときの話。

なんか酔っぱらってマツダの車が国産車では最高だとか言ってたから

仮称マツダにしとく。

初デートはお見合いから1か月後

マツダは仕事が忙しいのか、

他の仮交際の片手間にされているのか分からないけど、

仮交際が成立した後、とにかくデートの予定が立たない。

ちょっと遠めの日程で立てた予定もリスケされるという憂き目にあい、

嫌な予感を抱いたまま迎えた初デートへ。

この時すでにお見合いから1か月が経過していた。

1軒目でとにかく酔わせようとしてくる

1か月に会ったマツダは仕事終わりだったのか

待ち合わせ場所にスーツで立っていて、そこは好印象。

マツダはアルコールが好きで

食事しながらガンガンお酒がすすんで、だいぶ陽気になっていた。

カワ女が「飲みたくない」と拒否っているのに

無視して飲め飲めとかなりしつこく言ってきて、

芽生える一縷の不信感。

2軒目に強制連行

初デートは軽く済ませましょう的な暗黙の了解をガン無視して

2軒目を所望してくるマツダ。

会社の上司よりも面倒くさい絡み方してくる40歳酔っ払い。

2軒目では自分の大好きな車の話を延々と語っておられました。

すると段々タガが外れだして、

過去の恋愛遍歴をし始めるマツダ。

その内容がまっぽし下ネタど真ん中。

ちょっとこのお上品なブログに書くのが憚られるレベル。

どんな内容だったかは、会う機会がある人はわたしに直接聞いて下さい(-。-)y-゜゜゜

「ホテルに行きたい」

2軒目も閉店の時間になって、ようやく帰れると思って外に出ると

「帰りたくない」

とダダをこね出すマツダ。

諫めてタクシーに乗せようと必死のカワ女

気分はタタリ神に抗うアシタカ彦さながら。

「鎮まりたまえ!森へ帰りたまえ!」

 

そうしたらとうとう抱きつかれて

「ホテル行こ」

と言い出すベロベロ状態マツダ。

もう最悪や。

タタリ神は帰らない

振り切って1人タクシーに飛び乗るカワ女。

そうしたらマツダが1人とぼとぼ目の前にあったガールズバーに入っていった(笑)

おいwww

マッチングアプリじゃないんだからこれ…

そして後日マツダ側から交際終了の連絡が来るという

もらい事故もいいところな出会いでした(地獄)

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*