引越し

【賃貸物件の探し方】失敗しないための方法【引越し】

Pocket

こんにちはカワハギ系女子です。

あなたは賃貸物件を探す時にどんなところをチェックしていますか?

家賃、間取り、立地…数えきれないくらいポイントがありますよね。

とりあえずココだけおさえておけば”失敗しない”物件のチェックポイントをまとめました。

賃貸物件の機能チェックポイント

洗濯機置き場は室内がいいが、外に置いても壊れない

これ意外ですよね。知らなかった人も多いのでは?

しかも外に置くことでその分スペースが広くなるので洗濯物を干すスペースが広がります。

モニター付きインターフォンがおすすめ(特に女性)

築年数が古い物件だとなかったりしますが、これは絶対あった方がいい。特に女性ならマストです。

ピンポンがなった時もまずはモニター見て相手を確認できます。

モニター無しの部屋に住んでいた時にイタズラで真夜中にピンポンを押されたことがあって、モニターついてなかったので玄関ののぞき窓まで確認しに行ったのですが、

のぞき窓のぞいてるのってドアの前にいる人からバレたりするし、そもそも得体のしれない来訪に対して玄関まで行かないといけないっていうのも怖いもんです。

オートロックがないマンションにはスマートロックを後付けで対応!

オートロックがないマンションの場合、スマートロックというスマホで操作できる鍵の取り付けをして防犯面をカバーすることができます。

スマートロックはスマホのアプリから遠隔で開錠することも可能。

オートロックで閉め忘れも無いので現在オートロックがないアパートやマンションに住んでいる人は検討の価値アリです。

導入コストの目安はだいたい1万~6万円程度。

 

工事も不要で取り外しも簡単にできるので、かなりコストパフォーマンスいいです。

ウォシュレットは自分で設置できる

トイレにウォシュレットがない場合、便器だけを自分でウォシュレット付き便器を購入して付け替えることができるので物件の選択範囲が広がります。

取り外した便器は取っておいて、退去の際にウォシュレット便器を取り外して元に戻しましょう。

取り付け、取り外しも自分でできますよ。

取り外したウォシュレット便器は(規格が適合すれば)また次の物件で取り付けて使えます。

ウォシュレットの価格はピンキリですがだいたい1.5万~って感じです。

コンロは2口でもOK

1人暮らしで自炊をしようと張り切っている人はコンロは2口か3口で悩みますよね。わたしもそうでした。

でも実際暮らし始めてみると、3口を使いこなせる人ってかなりの料理上級者だということが分かります。

いくらマルチタスクが上手な人でも一度に3品を同時進行は厳しいし、そもそも一人暮らしで3品も作る機会ってそうそうありません。

というワケで2口か3口で迷ったら2口にしておきましょう。

自炊するならディスポーサーは課金の価値あり

ディスポーサーはキッチンの排水の部分に設置する機械で、自動で生ごみを粉砕して下水に流してくれるので生ごみがシンクに溜まらないという夢のような設備です。

ファミリータイプの新築マンションでは採用されていることが多いそう。

高い排水処理機能が必要なので自治体によってはディスポーサーの設置が禁止されているところもあるので、

排水口の掃除とおさらばしたい人はそこもチェックしてね。

シャワーの水圧は確認しておこう

これ、意外と盲点になりやすいポイントです。

入居してしまった後ではどうにもならないので、内見の際に事前にチェックしておきたい項目です。

洗面台の鏡の広さ

実は安い洗面化粧台だと鏡のスペースが狭いです。

全身鏡は持たずに洗面所でチェックするタイプの人にとって鏡部分が小さい洗面台って結構、使いにくいものです。

収納スペースにこだわり過ぎない

マンションやアパートの物件は決められた面積の中でスペースを割り振るため、基本的に収納スペースは少なくして居住スペースを広く取るように設計されています。

なので、収納スペースにこだわり過ぎずに持ち物を減らす、実家に仮置きさせてもらうといった方向に意識を切り替えた方が選べる物件数が増えます。

24時間ゴミ出し可能な物件がはかどる

ゴミ出しの日や時間が決められていると、その日時まで室内、もしくはベランダでゴミを一時保管しておくスペースが必要になります。

1人暮らしの場合はベランダもそこまで広くないのでゴミ袋でベランダが埋まってしまうことも。夏場は虫も湧きます。

出張や旅行に行くことが多いと、ますますゴミ出し問題は深刻です。

24時間ゴミ出し可能であればそれらの問題はクリアーにすることができます。

チェックリスト

  • 洗濯機置き場は室内がいいが、外に置いても壊れない
  • モニター付きインターフォンがおすすめ(特に女性)
  • オートロックがないマンションにはスマートロックを後付けで対応!
  • ウォシュレットは自分で設置できる
  • コンロは2口でもOK
  • 自炊するならディスポーサーは課金の価値あり
  • シャワーの水圧は確認しておこう
  • 洗面台の鏡の広さ
  • 収納スペースにこだわり過ぎない
  • 24時間ゴミ出し可能物件がはかどる

立地のチェックポイント

日当たりのよさ(都心の1階は方角関係なく、ほぼ日当たり最悪です…)

日当たりのよさは複数の不動産プロがこだわり条件に挙げるので必須で考えてください。

朝日や日中に日が差し込むのが嫌いという方もいますが、今は遮光カーテンの精度がかなり高いので、そうそう気になりません。

午前中の日光が入る方角は東・南東・南です。

逆に夕方の鋭い西日が入ってしまう部屋は夏はとても暑く、1台よぶんにエアコンを設置しないと過ごせないレベルです。

通勤・通学の駅までの乗り換えは1回までがベター

複数回の乗り換えを駆使すれば、意外と学校や職場までの距離が近い!というのは都心部あるあるです。

しかし電車の乗り換えが2回以上になるとパフォーマンスが落ちるという研究結果もあるそう。

  • 都心の乗り換えは田舎と違って1㎞近く歩かされたり
  • 人が多すぎて歩くのが大変だったり
  • 迷路のように入り組んでいたり
  • 何車輛目に乗り込むかで乗り換えが一気にハードモードになったり…

職場に着く前にぐったりしたくない人はなるべく乗り換え回数も減らしましょう。

どれだけ電車乗ってもいいから駅の近く

駅まで自転車に乗るという方法もあるのですが、結局その自転車を駐輪するのにお金が掛かります。

都心の駐輪場はどこも定員ギリギリでまわしているので日によっては駐輪スペースがない…なんてことも。

残業や飲み会で夜遅くにタクシーで直接マンションまで帰った翌日は駅まで歩いて行かないといけません。

駅が近いに越したことはないです。

コンビニとスーパーとの距離、スーパーの方が近いと無駄遣いが減る

(スーパーあっても、どうせコンビニには寄っちゃいます)

1人暮らしの場合、住みはじめる前に考えていたよりも自炊する回数は減ります。

ここは人によって考え方が分かれる部分ではありますが、なるべく節約したい場合はスーパーが近い方がGOOD

物件情報に書いてある「駅から徒歩でかかる時間」は直線距離で80mで1分で計算されている

実際に歩いてみると物件情報に書いてあるより時間がかかります。

駅までの動線上に「異様に待ち時間の長い信号」や「大通り」なんかがあると余裕で倍の時間かかったりも。

駅から物件までスマホ片手にぼちぼち歩いてみて実際にかかる時間を測りましょう。

駅から15分は電車乗るまでには25分かかる、そんな感じです。

駅から自宅までの間にある外食チェーン店をチェック
ウーバーイーツの配達可能範囲内地域かも見ておく

1人暮らしでは「今日は夕飯なんか作ってられねぇぜ!」という日がたびたびやってきます。

そんな時、駅からの帰り道にあって夜遅くまで開いている外食チェーン店はあなたの生命線になるといっても過言ではない。

同様にウーバーの配達可能エリアに入っているかどうかもあわせて確認しておきましょう。

駅までが坂道だと一気にハードモード

ハザードマップももちろんチェックするべきですが、東京23区だとよっぽどの高台(=高級住宅街エリア)でない限り色がつきますから、

もしもの場合の避難場所をチェックしておくようにしましょう。

公園、畑、田んぼの近くは虫が多いかも

近くに緑があると生活が豊かになりますが、同時に考えておきたいのが虫問題。

現在、九州の田舎県に住んでいますが夜の自販機に群がる羽虫が多すぎて自販機のボタンが押せないレベルです。

ちょっと引く(笑)

朝になったら、たいてい自販機の周りで死んでいるので掃除も必須。虫が苦手な方は一考の余地アリ。

仲の良い友達と同じ駅エリアだと良い思い出が増える

これはポイントいうよりよりよく生活するためのTipsって感じで覚えておくと良いですね。

わたしが東京時代に仲良かった友達が城東エリア、自分が城南エリアに住んでいて会いに行くのに電車で1時間くらいかかってました。

これ、同駅に住んでいたらもっとフットワーク軽く一緒に遊びに行けたのになぁと幾度も思ってました。

社会人は基本、仕事で疲れているので週末や花金くらいしか遠くに行かないもの。

立地のチェックリスト

  • 日当たりのよさ(都心の1階は方角関係なく、ほぼ日当たり最悪です…)
  • 通勤・通学の駅までの乗り換えは1回までがベター
  • どれだけ電車乗ってもいいから駅の近く
  • コンビニとスーパーとの距離、スーパーの方が近いと無駄遣いが減る(スーパーあっても、どうせコンビニには寄っちゃいます)
  • 物件情報に書いてある「駅から徒歩でかかる時間」は直線距離で80mで1分で計算されている
  • 駅から自宅までの間にある外食チェーン店をチェック、ウーバーイーツの配達可能範囲内地域かも見ておく
  • 駅までが坂道だと一気にハードモード
  • 公園、畑、田んぼの近くは虫が多いかも
  • 仲の良い友達と同じ駅エリアに住むと良い思い出が増えやすい

治安のチェックポイント

住宅街かどうか

周辺環境をチェックするためには昼だけではなく、夜も物件の周囲を歩くというのはマストで実践されている方も多いと思います。

住宅街は「人が住む」ために整備された区域なので基本的に治安が良いところが多いです。

逆に人里はなれた一軒家や港湾地区など夜になると人通りが極端に少なくなるところは注意です。

夜になると人通りが少なるという意味でビジネス街も夜の治安は案外よくなかったりします。

内見するときはゴミ捨て場と集合ポストもチェック

ゴミ捨て場は地域住民の民度を推測しやすい1番のポイントなので必ずチェックしましょう。

「ルール通りにゴミを出してください!」という張り紙が何枚もあるところはちょっと考えものですね。

そのマンションにはとてもルーズな人が住んでいる可能性があります。

逆に地域のゴミ捨て場に注意の張り紙が貼りまくってある場合は、他人の行動にうるさい方が近所にお住まいかも。

同様の理由でマンション内の掲示板もチェックポイントです。

「差別をなくそう」の看板が異様に多くないか?

差別をなくそう!の看板が異様に多い地域はむかし部落地域だった可能性があります。

今はどの地域が部落地域だったのか公に調べる方法はありませんが、そういう場所には昔からその地域に根付いた方々が多く住んでいたりします。

少なくとも福岡市内には立地や造りの割に異様に家賃の安い、めったに空きの出ないマンションがヤ〇ザの方の巣窟になっている地域があったりします。

看板のほかに「人権のまちづくり館」といった謎の施設があったりするのも特徴です。

道路が入り組んでいるか

道路が入り組んでいると大きな車が入って来づらく、通り抜けしにくいので自然と交通量が減り、夜の自動車の走行音が静かです。

大通り沿いは夜間に幹線を往復する大型トラックがガンガン走行するので、うるさいし、揺れます。

騒音にまぎれて犯罪なども起こりやすくなります。

さらに粉じんも舞うのでベランダに洗濯物を干すと黒いすすで汚れてしまうことも。

道が狭いと、トラックをはじめとして暴走族なども入って来づらいです。

最寄りのコンビニのトイレが「貸出不可」になっていないか?

利用者のマナーがよっぽど悪いことが考えられます。繁華街の近くでよく見る光景ですよね。

近くに競艇場、競馬場、競輪場がある

わたしが昔、社員寮で住んでいたところが、この3つをコンプリートしているエリアでした。

朝からワンカップ片手に一杯やりながら電車に乗って来るおじさんがいました(笑)

 

治安のチェックリスト

  • 住宅街かどうか
  • 内見するときはゴミ捨て場と集合ポストもチェック
  • 「差別をなくそう」の看板が異様に多くないか?
  • 道路が入り組んでいるか
  • 最寄りのコンビニのトイレが「貸出不可」になっていないか?
  • 近くに競艇場、競馬場、競輪場がある

事故物件ではないことをチェック

検討してる物件が事故物件ではないかどうか大島てるでチェックしておけば抜かりなし。

大島てるサイトをチェックするときは炎マークの意味を知っておいてくださいね。こちらの記事にまとめています。

▶▶【大島てる地図】やばい物件の探し方教えます【事故物件マップ】
 

 

さらに今ならキャッシュバック賃貸のキャンペーンで、引越しするとお祝い金がもらえます。

東京や大阪都心の場合はキャッシュバック金額も1万円~と高額になっています。

かんたんな条件を満たせば誰でもお金がもらえます。忘れずにチェックしてください。

引越しで最大10万円もらえる!?|仕組みを解説

簡単な条件を満たすだけで引越しお祝い金がもらえるお得な不動産ポータルサイト「キャッシュバック賃貸」の紹介です。引越し考えてる人は登録しておいて損なし!

続きを見る

他にもこんなチェックポイントあるよ~とか、あなたのこだわりのチェックポイントをTwitterかInstagramのDMで教えてください。

有用な情報は記事に追加していきます!



-引越し
-, , , ,